「ほっ」と。キャンペーン

N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

タグ:ホオジロ類 ( 16 ) タグの人気記事

北海道遠征

去る7月上旬、北海道へ足を運んできました。
2年前のリベンジということで、少し時期を遅くして「ギンザンマシコ」狙いです。

当blogも放置したままですが、勿論、鳥見は続けています。



今回は、中標津空港へ降り立ち、道東を中心に巡回。最悪、大雪へも立ち寄るつもりで旭川空港から帰路に就く弾丸スケジュールです。結果としては峠で目的が達成出来た為、予定になかったサロベツの方も周ってきました。

-春国岱にてエゾシカ-
f0176070_13561885.jpg


-知床峠にてエゾシカ親子-
f0176070_13582319.jpg


-野付半島にてタンチョウ-
f0176070_1359654.jpg


-サロベツ原野にてシマアオジ-
f0176070_1428547.jpg


-今回観察した種-
ウミウ・ヒメウ・ウミガラス(1)・ケイマフリ・エトピリカ(10+)・ツノメドリ(1)・ウトウ・コアホウドリ(1)・フルマカモメ・ハシボソミズナギドリ・ウミネコ・オオセグロカモメ -以上12種「落石クルーズ」
アオサギ・マガモ・カルガモ・カワアイサ・タンチョウ・オオジシギ・トビ・オジロワシ・チュウヒ・ハイタカ・シマフクロウ・キジバト・アオバト・カッコウ・ツツドリ・アマツバメ・コゲラ・オオアカゲラ・アカゲラ・ヒバリ・アカモズ・モズ・ミソサザイ(S)・コマドリ(S)・ノゴマ・コルリ(S)・ノビタキ・クロツグミ・アカハラ・ウグイス・エゾセンニュウ・シマセンニュウ・マキノセンニュウ(S)・コヨシキリ・センダイムシクイ(S)・キビタキ・オオルリ・ハシブトガラ・シジュウカラ・ゴジュウカラ・ホオアカ・シマアオジ・アオジ・オオジュリン・カワラヒワ・ベニマシコ・ギンザンマシコ・ウソ・スズメ・コムクドリ・ミヤマカケス・ハシボソガラス・ハシブトガラス 
以上53種

[PR]
by N_BIRDER | 2013-08-18 17:30 | 遠征探鳥日誌

「キガシラシトド」

すっかり夏羽に衣替えした「キガシラシトド」です。
その名の通り、頭頂の黄色が印象的でした。
本来はアメリカ西部で越冬し、カナダ北西部が繁殖地だそうですね。

春の日差しを受けながら、
新芽の美しい柳の枝にとまり「ヒーヒーリリー、ヒーヒーリーリーリー」と、
響き渡る囀りを披露してくれました。

写真は、頭頂の黄色が目立たない角度ですが・・・^^;
一脚不携帯で、手持ちでは当然上手くはいきませんでした・・・^^;

「キガシラシトド」 迷鳥・L=18cm
f0176070_22481661.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/400s F5 ISO800

[PR]
by N_BIRDER | 2011-04-26 22:49 | 市街・雑木林・畑・草地

「シマアオジ」

今回の北海道遠征の一番の目的は、この「シマアオジ」です。
彼らは、北海道のごく限られた地域に夏鳥として渡来しますが、越冬地への主なコースは日本列島を通過するのではなく、北海道北西部と中国東部を結ぶコースと考えられており、渡りの途中の個体を本州以南で観る事は稀です。
また、「シマアオジ」の繁殖地は北海道のみとされ近年個体数も激減しており、絶滅が心配されています。

今回、訪れた地域では♂2個体と♀1個体を確認する事が出来ました。もう少し、頻繁に囀りを聞くことが出来るのかと期待しましたが、時折、遠くに聞こえるだけでした。
距離が遠すぎたのは残念でしたが、聞いた話では10年近く毎年通って近くで観る事が出来たのは昨年だけという事らしいので、見れただけでも良しとしよう。

「シマアオジ」♂ 夏鳥・L=15cm 絶滅危惧ⅠA類(CR)
f0176070_0333536.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/200 F9 ISO1000 *トリミング




「シマアオジ」♂
f0176070_0345529.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/320 F8 ISO400 *トリミング




「シマアオジ」♀
f0176070_0361292.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/80 F5.6 ISO1000 *トリミング

[PR]
by N_BIRDER | 2010-06-29 00:38 | 湖沼・川・湿地・田

「オオジュリン」

関東では冬の葦原で見かける機会の多い「オオジュリン」です。
 (オオジュリン冬羽)☜ 

勿論、ここ北海道では夏羽に会うことが出来ます。
今の時期、右も左もノビタキとコヨシキリだらけですが、この鳥も何度も遭遇できました。
コヨシキリの声にもみ消されそうでしたが、こちらは、なかなかの歌い手でしたね。(^.^)

「オオジュリン」♂ 夏鳥・L=16cm
f0176070_18314614.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/200 F10 ISO640 *16:9トリミング




f0176070_18355281.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/100 F10 ISO800 *トリミング

[PR]
by N_BIRDER | 2010-06-25 20:29 | 湖沼・川・湿地・田

「クロジ」

不覚にも連休初日から風邪を引いてしまいました。
連日好天に恵まれているようで、残念でなりません。
明日は出かけてみるかな・・・

写真は昨年のGWに撮影した「クロジ」です。
新緑の中でなんだか楽しく歩く雰囲気で撮れたお気に入りの一枚です。

「クロジ」♂ 漂鳥・L=17cm
f0176070_21424465.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/160 F7.1 ISO400  撮影:2009/5上 

[PR]
by N_BIRDER | 2010-05-02 21:44 | 低山・森林・高原

「ミヤマホオジロ」

NX2が起動しません・・・(-_-;)
最初はメモリー不足でないのに、不足とメッセージが出て、raw☛jpegに変換出来ず。しまいには、立ち上がらなくなりました。
再インストールを一度試みましたが、やはり不安定です。トホホ・・・です。

気を取り直して、本日は在庫から更新します。
確か早朝に雪がチラついて、薄ら雪化粧の中、出会えた記憶があります。
「ミヤマホオジロ」は冬鳥として日本に渡ってきますが、西日本に多く、関東では少し標高の高い地域で出会える事が多いです。
冠羽が特徴的な愛らしい小鳥ですね。

「ミヤマホオジロ」♀ 冬鳥・15.5cm
f0176070_21321787.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
FUJIFILM S5PRO+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR+TC17EⅡ
1/500 F4.8 ISO200 *トリミング 撮影:2008/3中



「ミヤマホオジロ」♂
f0176070_21351441.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
FUJIFILM S5PRO+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR+TC17EⅡ
1/120 F8 ISO320 撮影:2008/3中



f0176070_2136495.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2010-03-03 21:36 | 低山・森林・高原

「ユキホオジロ」

とても愛らしく美しい姿ですね・・・
「ユキホオジロ」です。

本来は、主に北海道の雪原等に飛来する冬鳥ですが、こんなに南下してくるとは…とても嬉しい出会いでした。
既に2度足を運んでいるのですが、本日の更新は1度目の出会いから。
この日は生憎の天気で風も非常に強く、距離もありました。
“この子”も強い風を避けるように、しゃがんでいる時間が長かったなあ…。

「ユキホオジロ」♂ 冬鳥・L=16cm
f0176070_21562776.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/400 F6.3 ISO400 *トリミング 撮影:2010/2上




f0176070_21573984.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/200 F8 ISO400 *トリミング 撮影:2010/2上


f0176070_21582840.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-10 21:58 | 海上・岸・干潟

「カシラダカ」

今年はどんな冬鳥達が多く飛来してくれるのでしょうか?

写真の「カシラダカ」はアトリやマヒワのように大きな群れを観る事は少ないですが、農耕地から河川敷、少し標高の高い雑木林など、色々なフィールドで出会う事が出来ますね。
毎年もっとも安定して相当数が越冬してくれる冬鳥だと思います。

「カシラダカ」♂ 冬鳥・L=15cm
f0176070_0181024.jpg

NikonD300+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/200 F5.6 ISO400 *トリミング
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]
[PR]
by N_BIRDER | 2009-11-25 00:19 | 市街・雑木林・畑・草地

「コジュリン」

日中、「コジュリン」や「オオセッカ」を撮影した後、
周りの田園地帯で休耕田を探しましたが、成果がありません。
仕方なく引き返してみましたが・・・正解でした。(^.^)

『夕日は 君を不思議な程 綺麗に写すね~♪』

「コジュリン」♂ 漂鳥・L=15cm・絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_23501124.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/125 F9 ISO800
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]



f0176070_23502643.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/80 F9 ISO800
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]
[PR]
by N_BIRDER | 2009-08-20 00:17 | 湖沼・川・湿地・田

「コジュリン」

河川敷フィールドに足を運んで来ました。

極東地域で比較的局地的に生息する「コジュリン」です。
今まで、高原フィールドで観察した事がありますが、
低地での出会いは初めてです。

この場所では、非常に狭い範囲で3個体が囀っていました。
後で調べて判ったのですが、この繁殖地ではコロニー状に営巣し、
共同の縄張りを持っているようですね。
高原フィールドのそれとは異なり、独特の社会を形成しているようです。

「コジュリン」♂ 漂鳥・L=15cm・絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_21134223.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/500 F9 ISO800*トリミング
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]

f0176070_21135810.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/800 F7.1 ISO800 *トリミング
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]


f0176070_2114989.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/640 F9 ISO800 *16:9トリミング
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]

f0176070_11285056.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2009-08-15 21:19 | 湖沼・川・湿地・田
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28