「ほっ」と。キャンペーン

N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

タグ:ツル類 ( 3 ) タグの人気記事

北海道遠征

去る7月上旬、北海道へ足を運んできました。
2年前のリベンジということで、少し時期を遅くして「ギンザンマシコ」狙いです。

当blogも放置したままですが、勿論、鳥見は続けています。



今回は、中標津空港へ降り立ち、道東を中心に巡回。最悪、大雪へも立ち寄るつもりで旭川空港から帰路に就く弾丸スケジュールです。結果としては峠で目的が達成出来た為、予定になかったサロベツの方も周ってきました。

-春国岱にてエゾシカ-
f0176070_13561885.jpg


-知床峠にてエゾシカ親子-
f0176070_13582319.jpg


-野付半島にてタンチョウ-
f0176070_1359654.jpg


-サロベツ原野にてシマアオジ-
f0176070_1428547.jpg


-今回観察した種-
ウミウ・ヒメウ・ウミガラス(1)・ケイマフリ・エトピリカ(10+)・ツノメドリ(1)・ウトウ・コアホウドリ(1)・フルマカモメ・ハシボソミズナギドリ・ウミネコ・オオセグロカモメ -以上12種「落石クルーズ」
アオサギ・マガモ・カルガモ・カワアイサ・タンチョウ・オオジシギ・トビ・オジロワシ・チュウヒ・ハイタカ・シマフクロウ・キジバト・アオバト・カッコウ・ツツドリ・アマツバメ・コゲラ・オオアカゲラ・アカゲラ・ヒバリ・アカモズ・モズ・ミソサザイ(S)・コマドリ(S)・ノゴマ・コルリ(S)・ノビタキ・クロツグミ・アカハラ・ウグイス・エゾセンニュウ・シマセンニュウ・マキノセンニュウ(S)・コヨシキリ・センダイムシクイ(S)・キビタキ・オオルリ・ハシブトガラ・シジュウカラ・ゴジュウカラ・ホオアカ・シマアオジ・アオジ・オオジュリン・カワラヒワ・ベニマシコ・ギンザンマシコ・ウソ・スズメ・コムクドリ・ミヤマカケス・ハシボソガラス・ハシブトガラス 
以上53種

[PR]
by N_BIRDER | 2013-08-18 17:30 | 遠征探鳥日誌

「タンチョウ」

厳冬期は集団で暮らす「タンチョウ」たちも夏の間は道東の湿地帯に散らばって生活しています。
今回訪れた湿地帯では単独行動する彼に遭遇できました。
まだ番を形成していない若い個体でしょうか・・・。
強い日差しの中でしたが、個人的には初夏の湿地帯の風景の方が好きですね。

「タンチョウ」 留鳥 L=140cm W=240cm・国指定特別天然記念物・絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_23111576.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1600s F5.6 ISO400

[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-06 23:15 | 湖沼・川・湿地・田

「タンチョウ」

学名「Grus japonensis」

古くから日本文化に溶け込んだ日本を代表するツルです。
江戸時代の頃は、その一部が関東地方にも越冬の為に飛来する身近な存在だったようです。
しかし、明治維新後の北海道の開拓や狩猟によってその数を激減させ、一時は絶滅かとも考えられましたが、
1924年に釧路湿原で僅か30羽程度の生き残りが発見されました。

その後、1952年より地元の農家の方を中心に地道な給仕活動によって徐々に数を増やして行き、
現在では1,000羽近くまで回復したそうです。

今回訪れた場所は代表的な給仕場所の一つ[阿寒国際ツルセンターに隣接する観察センター]です。
2月の中旬ということで、あちらこちらで求愛ダンスや鳴き交わしをする個体や、
それを真似てか幼鳥も一緒に踊ろうとする姿を目にすることが出来ました。

美しすぎるが故に写真は難しいですね・・・

「タンチョウ」 留鳥
L=140cm W=240cm・国指定特別天然記念物・絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_23115276.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1000s F5 ISO200




f0176070_23121467.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/500s F7.1 ISO200




f0176070_23595691.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/640s F5.6 ISO200



[PR]
by N_BIRDER | 2011-03-29 23:18 | 湖沼・川・湿地・田
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28