「ほっ」と。キャンペーン

N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

タグ:サギ類 ( 17 ) タグの人気記事

「サンカノゴイ」 ●動画●

その独特な風貌もさることながら、鳴き声の仕草も変わり者です。
繁殖期になると、時折、前傾姿勢になり頸を膨らませながら重低音な鳴き声を発します。

でも、その姿を静止画で表現することは難しいですね。
と言う訳で、今回は『動画』を使ってみました。

喉を震わせているような感じですね。

「サンカノゴイ」 ♂ 留鳥/夏鳥・L=70cm 絶滅危惧IB類(EN)
f0176070_22292071.jpg

↑〔鳴き始め〕

〔鳴き終わり〕↓
f0176070_2230887.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR+TC14EⅡ
1/640s F9 ISO640





********************************************************


emoticon-0160-movie.gif

距離も近かったので、はっきりと聞き取れる声でしたが、カメラ内臓マイクですから音が小さめです。
PCのボリュームは最大を推奨します。但し、オオヨシキリがうるさいかも。(;^_^A


1080p高画質で再生して下さい。
因みに、スマートフォンなどモバイル端末では聞き取れない可能性が高いです。
[PR]
by N_BIRDER | 2011-06-20 22:37 | 湖沼・川・湿地・田

「サンカノゴイ」

国内に生息する他の仲間には類を見ない独特な雰囲気を持つ「サンカノゴイ」です。
現在、本州で繁殖が確認されているのはこの地域だけのようです。

今回は生憎の天気が幸いし、日中でも活発に採食に勤しんでいました。
ずんぐりむっくりと言う言葉が似合う体型ですが、ヨシゴイやゴイサギ同様、のばすと長いですね。

「サンカノゴイ」♂ 留鳥/夏鳥・L=70cm 絶滅危惧IB類(EN)
f0176070_22543417.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/800s F6.3 ISO400



f0176070_23133572.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR+TC14EⅡ
1/320s F9 ISO640



f0176070_23135499.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR+TC14EⅡ
1/320s F9 ISO640 *トリミング

[PR]
by N_BIRDER | 2011-06-19 21:01 | 湖沼・川・湿地・田

「ダイサギ」

まだ夜明け間もない頃、山の川原を歩いていると、
上流の方から1羽・2羽・3羽・・・と「ダイサギ」たちが下流に向かって通過していきます。
どうやら、この上流に塒があるようです。

「ダイサギ」 留鳥・L=90cm
f0176070_2225562.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/1000 F7.1 ISO1250 撮影:2010/3下 

[PR]
by N_BIRDER | 2010-04-15 22:27 | 湖沼・川・湿地・田

八重山列島 〈石垣島・西表島〉 -探鳥の旅- まとめ

初の八重山はとても変化に富んだ野鳥の楽園でした♪
まだ未更新の種や画像は幾つかあるのですが、今期も終わりですのでこれで一旦終了です。

青い海にアジサシ類が飛び交っていた「宮古島」
ルリカケスやオオトラツグミなど固有種の宝庫「奄美大島」
そして、今回の「石垣島・西表島」の一番嬉しい出会いは、カンムリワシズグロミゾゴイでしょうか。

あとは、珍鳥の宝庫「与那国」と、ヤンバルクイナの「沖縄本島」かな。
いつか訪れてみたいですね。

「カンムリワシ」-西表島- 意外な程、近い距離に受け入れてくれた猛禽でした♪
f0176070_22412730.jpg


「ズグロミゾゴイ」-石垣島- 薄暗い林道で視界に映ったブルーが印象的でした。
f0176070_2319971.jpg


(観察した種)
カワウ・カルガモ・キンクロハジロ・セグロカモメ・ゴイサギ・アマサギ・コサギ・チュウサギ・ダイサギ・クロサギ・アオサギ・ムラサキサギ・ズグロミゾゴイ・クロツラヘラサギ・バン・シロハラクイナ・コチドリ・ダイゼン・オジロトウネン・ヒバリシギ・ツバメチドリ・タカブシギ・イソシギ・アオアシシギ・セイタカシギ・ミサゴ・サシバ・チョウゲンボウ・カンムリワシ・リュウキュウアオバズク・コウライキジ・ズアカアオバト・カワセミ・ヤツガシラ・ツバメ・リュウキュウツバメ・コシアカツバメ・キマユツメナガセキレイ・マミジロツメナガセキレイ・キセキレイ・ハクセキレイ・ホオジロハクセキレイ・ムネアカタヒバリ・タヒバリ・リュウキュウサンショウクイ・シロガシラ・イシガキヒヨドリ・シマアカモズ・ジョウビタキ・ノビタキ・イソヒヨドリ・アオハライソヒヨドリ・シロハラ・ムジセッカ・セッカ・イシガキシジュウカラ・リュウキュウメジロ・スズメ・コイカル・ギンムクドリ・ホシムクドリ・インドハッカ・リュウキュウハシブトガラス 以上63種
[PR]
by N_BIRDER | 2010-03-31 23:01 | 遠征探鳥日誌

「ムラサキサギ」

八重山を代表するサギ類と言えば、「ムラサキサギ」でしょう!

稀に関東のほうへも若鳥が迷行してくるようですが、やはり、成長夏羽は美しいですね。青灰色の飾り羽もチャーミングです♪
もっとも、シラサギ類に比べると数は少ないようですが、数回出会う事が出来ました。
少し足が短いのはご愛嬌として、嘴がとても長い印象を受けました。

後、夕刻頃に青々と茂った樹木の上で佇む「ムラサキサギ」が夕日を浴びてとても美しい光景でした。
撮る前に飛んでいってしまったのが心残りですね。笑

「ムラサキサギ」 留鳥・L=80cm
f0176070_2229474.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1400 F8 ISO200 *16:9トリミング  撮影:2010/3上 石垣島




f0176070_0233241.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/250 F8 ISO400 * 撮影:2010/3上 石垣島

[PR]
by N_BIRDER | 2010-03-19 00:24 | 湖沼・川・湿地・田

「ズグロミゾゴイ」

日も沈みかけた夕刻の頃…
薄暗い林道を探索していると、突然、視界に"艶やかなブルー″が飛び込んできました。早くも今遠征でのクライマックス!!
「ズグロミゾゴイ」との出会いです。

どうやら、少し視界が開けたこの場所が、彼の餌場だったようです。
半夜行性ですから、これからが活発に活動する時間帯でしょう。
終始、非常にスローな動きで採食に勤しんでいました。笑
(一度も獲れなかったようですが)

それにしても、繁殖を目前に控えた彼らは、より艶やかさが増すのでしょうか?
薄暗い中でもとても鮮烈な印象を受けました。

「ズグロミゾゴイ」 留鳥・L=49cm・絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_21222996.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/50 F5 ISO1600 * 撮影:2010/3上 石垣島




f0176070_21234924.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/50 F4.5 ISO2000 * 撮影:2010/3上 石垣島

[PR]
by N_BIRDER | 2010-03-15 21:25 | 低山・森林・高原

「アマサギ」

夏羽では、頭から首にかけて橙色になる「アマサギ」です。
シラサギの中ではもっとも小柄な種の一つで、
他のシラサギ類と比べると、魚よりも昆虫や両生類などを好みます。

夕日を背から浴びて黄金色に輝く姿は、
とても美しく映りました。

アマサギ 夏鳥・L=50cm
f0176070_22284682.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/640 F8 ISO400 *トリミング
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]



f0176070_2228582.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/500 F9 ISO400 *トリミング
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]
[PR]
by N_BIRDER | 2009-08-25 22:33 | 湖沼・川・湿地・田

「ササゴイ」

5月のフィールドにて・・・。
車で渓流沿いの林道を探索中、眼にとまった「ササゴイ」です。
一瞬、ミゾゴイ?って思いましたが、君はこんなところにもいるのかいって、感じでした。

彼らは、夏鳥として本州から九州の広い範囲に渡ってきます。
主に、河川や水田が活動のエリアですが、
渡りの途中では、ご覧の通り、山奥の渓流でも観る事が出来ます。

「ササゴイ」 夏鳥・L=52cm
f0176070_21421417.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/25 F5.6 ISO800 *トリミング
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]
[PR]
by N_BIRDER | 2009-08-10 21:44 | 湖沼・川・湿地・田

「ゴイサギ」

週末は用事があって鳥見はお休みです。
と言いつつも、1時間だけ近場の田んぼフィールドを探索してみました。

コサギやアオサギに混じって1羽の「ゴイサギ」に会いました。
彼らは、夜行性のサギ類で、夜にカラスのような声を出すことから、「ヨガラス」と言う別名もあります。
とは言っても、写真の通り、結構明るい時間から田んぼ等に出て活動を始めます。

ちなみに、後ろに移っているアオサギのように動きながら餌を探すわけではありません。
ひたすら獲物から足元に寄ってくるチャンスを待ち続けるようです。

「ゴイサギ」 留鳥・L=57cm
f0176070_227263.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/160 F8 ISO400



f0176070_2273979.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/160 F8 ISO400 *トリミング
[PR]
by n_birder | 2009-06-21 22:08 | 湖沼・川・湿地・田

「リュウキュウヨシゴイ」

奄美大島以南の島々に留鳥として生息する「リュウキュウヨシゴイ」。

今回の遠征でどうしても会いたかった彼らの姿。
田園フィールドを探索中、運良く♂♀姿をみせてくれました。

本土のヨシゴイと比べれば違いは一目瞭然。

全身赤褐色の♂の姿は、まさに南国のヨシゴイという感じでした。
それにしても、♀の姿を見つけるのは難しかった・・・。擬態されたら完全に周りの景色に同化してしまいます。

「リュウキュウヨシゴイ♂」 L=38~40cm
f0176070_2048384.jpg

NikonD300+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR
1/1250 F4 ISO200 *トリミング




「リュウキュウヨシゴイ♀」 L=38~40cm
f0176070_20514168.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/2000 F4 ISO200
[PR]
by N_BIRDER | 2009-05-18 20:52 | 湖沼・川・湿地・田
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28