N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

タグ:カワセミ類 ( 7 ) タグの人気記事

「リュウキュウアカショウビン」

[探鳥2日目]059.gifPM2:30-

予定では、耕地の後、アジサシ営巣の岩礁が見える岬~池間の湿地帯と回るつもりでしたが、山林周辺へ変更です。
車を降り、森の遊歩道へ入るとキョロロロと赤い鳥が迎えてくれます。
本州のそれとは一鳴きが短い印象ですが、よく響きます。

それにしても、ここは、宮古の留鳥の全てが観察可能だけあって、相変わらず密度は濃いです。
ただ、バードバスの周辺などは、4年前には青々とした葉っぱが付いていた枝が複数立ち枯れの状態。
ここでは、いかにも亜熱帯ぽい細長く蔓が伸びた植物をバックに「リュウキュウアカショウビン」を撮影するイメージでいましたが、それも以前の印象とは異なり叶いそうにない状況です。

結局、バードバスにあまり時間を割かず、歩きながらチャンスがあればと写真に収めました。


「リュウキュウアカショウビン」 夏鳥・L=27cm
f0176070_19392293.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR+TC14EⅡ
1/25s F8 ISO500



f0176070_18175474.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/40s F4.5 ISO1000



バードバスに時間を割かなかったもう一つの理由にブラインドを使っていない人が居たこともあります。
ですから、キンバトは特に厳しいです。出て来たと思ったらあっさり森の奥へと消えて行きました。
また、コノハズクは2個体見つけたもののご覧の通り撮影には不向きでした。

結局、この日は日没を待たずに撤収。

f0176070_18265358.jpg
f0176070_18264027.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
[PR]
by N_BIRDER | 2012-08-05 18:27 | 低山・森林・高原

「ヤマセミ」

1年振りに「ヤマセミ」に会いました。
かなり距離がありましたが、この後、上流に方へ移動し♀と交尾行動をしていました。
どうやら、この奥の崖に営巣するような感じです。
繁殖シーズン初期は特に刺激を与えてはいけませんので、暫くこの辺りへは足を運ばないようにしたいと思います。

「ヤマセミ」♂ 留鳥・L=38cm
f0176070_225198.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/500 F8 ISO1000 *トリミング  撮影:2010/3下 

[PR]
by N_BIRDER | 2010-04-12 22:54 | 湖沼・川・湿地・田

週刊 野鳥の世界

TVコマーシャルも流れているので、ご存知の方も多いと思いますが、
DeAGOSTINIから、「週刊 野鳥の世界」が創刊されましたね。

創刊号は、"特別定価290円特製バインダー付き"という事で、お試しに購入してみました。
詳しくは、HPをご覧頂ければと思いますが、小中学生のお子さんでも読みやすい構成かと思います。

リンク☛ 「週刊 野鳥の世界」

なんでも、全100巻を予定しているようなので、凄いスケールになりそうですね。とりあえず数号は購入してみようかな。

ちなみに、このシリーズは、「毎号付録されるパーツを集めると精巧な模型が完成する」というイメージがあるので、「野鳥の世界のジオラマセット」なるものでもと期待しましたが、ちょっと違うようです。
勿論、毎号応募シールを集めてプレゼントがあるのですが…苦笑

記念すべき創刊号の表紙は、やはり「カワセミ」でしたね。

f0176070_23123645.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1250 F5.6 ISO400 *トリミング 撮影:2009/5下

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-18 00:03 | 番外編

「アカショウビン」

週末はGW以来の信州遠征に行って来ました。

夜明け頃からフィールドに腰を下ろしていると、
程無く、森の奥から『キロロロロロ・・・』という尻下がりの震え声が聞こえてきました。
周囲を巡回しているのでしょうか?その声は遠くに近くに場所を変え響いていました。

写真は、短い時間でしたが、目の前の枝に止まってくれた一コマです。
心配された♀の個体もこのエリアに無事訪れたようでペアで観る事も出来ました。

「アカショウビン♂」 夏鳥・L=27cm
f0176070_22172958.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/60 F6.3 ISO800


f0176070_2217486.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/60 F6.3 ISO800 *トリミング
[PR]
by N_BIRDER | 2009-07-12 21:51 | 低山・森林・高原

「ヤマセミ」

言わずと知れたアイドルバード「ヤマセミ」です。

僕自身も大学時代に一番会いたかったのが、この鳥でしたね。
結局、じっくりと観る機会に恵まれたのは3年生の春だったと記憶しています。
当時は、今のような情報社会ではなかったですし、苦労しました。(^^ゞ

今でも初めてみたあの雄姿は忘れられない思い出です。

f0176070_034363.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/30 F7.1 ISO1000
[PR]
by N_BIRDER | 2009-04-09 00:36 | 湖沼・川・湿地・田

「カワセミ」

週末は河川フィールドと2か所の公園フィールドをハシゴしてきました。

カルガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、マガモ、コガモ、トモエガモ、カワアイサ、カワウ、
カンムリカイツブリ、アオシギ、ヤマシギ、タシギ、アリスイ、カワセミ、ヤマセミ、ホオジロ、
シメ、アカハラ、コゲラ、シジュウカラ、ジョウビタキ、モズ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、
ツグミ、コサギ、アオサギ、ダイサギ等々です。

写真はご存じ『飛ぶ宝石』と言われる「カワセミ」です。
多くのバーダーや写真愛好家を虜にしてやまないアイドルバードですね。

写真1枚目は夜明け後間もない早朝の一コマ。穏やかな水面に写り込んだ光景が素敵でした。

MY Album ☜ 過去の写真をまとめています。

f0176070_2059520.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/640 F5 ISO800



f0176070_2103661.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/2000 F8 ISO640 *トリミング
[PR]
by N_BIRDER | 2009-01-18 21:10 | 湖沼・川・湿地・田

「リュウキュウアカショウビン」

二泊三日で宮古島に行ってきました。

学生時代を含め、この地方を訪れるのは初めてでしたので、殆んど初見の野鳥ばかりで十分楽しめました。
写真については、撮影時間に限りがあったので、なかなかイメージ通りにいきませんでしたが、
シャッターチャンスにも恵まれて幾らか収めることができ満足いく3日間でした。
今週から随時画像をアップしようと思います。

まずは、この地域の代表格「リュウキュウアカショウビン」です。
この写真の個体は♀ですが、♂も合わせて観察する事が出来ました。
f0176070_16555478.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR 1/25 F4 ISO800

「観察できた種」
ベニアジサシ・エリグロアジサシ・コアジサシ・オオアジサシ・ヨシゴイ・ズグロミゾゴイ
コサギ・ダイサギ・クロサギ-白色型・ムラサキサギ・オオバン・バン・オオクイナ・シロハラクイナ・シロチドリ
ツバメチドリ・イソシギ・リュウキュウコノハズク・リュウキュウアオバズク・ミフウズラ・カラスバト・キンバト
キジバト・ホトトギス・リュウキュウアカショウビン・リュウキュウツバメ・イソヒヨドリ・セッカ
リュウキュウキビタキ・リュウキュウサンコウチョウ・メジロ・ヒヨドリ・スズメ 合計33種 

[PR]
by N_BIRDER | 2008-07-06 16:57 | 遠征探鳥日誌
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31