N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「タネコマドリ」

2日目の朝、遠くの枯れ木のてっぺんで響き渡る"ヒン、カララララ・・・♪"の声・・・。
三宅島をはじめとする伊豆諸島の一部に留鳥として生息する亜種「タネコマドリ」です。

恐らく滞在中、唯一メンバー全員で並んで撮影したシーンかと。
それ程、皆、この鳥には飢えていたのだと思います。(;^_^
何せ滞在中、藪の中で移動する姿をよく見かけるものの、直ぐに消えてしまうので・・・。

かなり遠かったのが心残りですが、いい声を聴かせてくれたのですから良しとしましょう。

「タネコマドリ」♂ 留鳥・L14cm 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_23111577.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1000s F5.6 ISO320 *トリミング

[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-30 23:15 | 市街・雑木林・畑・草地

「イイジマムシクイ」

三宅の夏鳥の代表格の一つ「イイジマムシクイ」です。

世界中で、ここ伊豆諸島の島々とトカラ列島のみで繁殖が確認されている希少種です。
かつてセンダイムシクイの一亜種とされていた時期もあるそうで、その姿は屋外での識別が難しいぐらい似ています。
囀りはまったく違うのですが・・・。

唯一、その姿の決定的な違いでもある頭頂部がハッキリ写るように撮影を試みましたが、写せませんでした。

「イイジマムシクイ」 夏鳥・L=12cm 国指定天然記念物・絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_21144412.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/320s F8 ISO1000

[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-29 21:16 | 低山・森林・高原

「モスケミソサザイ」

三宅で訪れた神社の境内。
うっそうと生い茂った木々の中に天然のステージがありました♪

亜種「モスケミソサザイ」です。
ちょうどこの近くの樹木の裂け目に出来た巣穴に一生懸命材料を運んでいるところ。
それにしても、あの瞬間移動ともとれる動きは静止画では表現できませんね・・・。(;^_^
一度、彼のステップをハイスピードカメラの映像で見てみたいものです。

「モスケミソサザイ」 留鳥・L=11cm 絶滅危惧IB類(EN)
f0176070_220561.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/200s F5.6 ISO1000



因みに、このblogの更新は、その日の時系列順ではありません。何時もの事ですが。(;^_^A
今回の旅の出来事は、ぜひ下のリンク先の皆さんのblogをご覧下さい。知らない人も十分楽しめます。(^_^


例えば、鳥見夫婦さん☜Click
あの日の献立が昨日の事のように思い出されます。あっ、もちろん鳥見もね。笑

ここで、新事実発覚!!034.gif

初日勝ち組の面々。意気揚々と大路池に繰り出すも、背後から見えない『からすばとん親分』の監視を受けながらの鳥見のようです。

実は、時を同じくして、その親分と池の西側斜面で対峙している果敢な男が居たのでした!!
やっぱ、この親分自らが激写されたせいで、あの 『キジバトン』 ☜Clickに格下げされ、負け組・・・三人の前に現れたのでしょうか・・・。( ̄ー ̄)ニヤリッ


f0176070_22114421.jpg



☜Click (今回参加の鳥見人のリンク先です)

鳥見魂!!
鳥好きFPのつれづれ日記
鳥見夫婦の旅日記
野鳥の日記
『ほぼ週刊 とりんちゅ♪』
鳥撮りしま専科?
(株)隙間産業
四五六荘
*順不同
[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-28 22:20 | 低山・森林・高原

「オーストンヤマガラ」

こちらも三宅島を代表する亜種「オーストンヤマガラ」です。

南の亜種ほど暗色になるのは他の鳥と同様ですが、それにしても、
005.gif『君は、よく日焼けしたねー!!』と言いたくなるぐらい。(笑)  まるで、別種のような外見です。

その行動は本土のヤマガラと同じような感じですから、覆い茂った照葉樹林の森の中をチョコマカ動き回ります。
島滞在中何度もその声、姿を目撃する機会に恵まれましたが、なかなかシャッターチャンスは有りません。
写真は偶然にも一度だけ頭の真上で完璧に抜けたシーン。
サービス精神宜しく枝先にぶら下がり・・・。(^_^

因みに調べてみると、
この鳥も2000年の噴火の影響を大きく受けているそうで現在の個体数は推定2,000羽程度のようです。

「オーストンヤマガラ」 留鳥・L=15cm 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_2226945.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/60s F5.6 ISO2000 *トリミング


f0176070_2229345.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-26 22:30 | 低山・森林・高原

「アカコッコ」

離島の楽しみはなんと言っても『固有種』との出会い!!
そして、三宅島のそれと言えば島のシンボルでもある「アカコッコ」ですね。034.gif

そのシルエットや採食行動はアカハラに似ていて、この周辺の島々に隔離され長い年月を経てこの姿に進化したのがよく判ります。でも、ちょっと悲しいかな・・・(;^_^
『奄美のルリカケス・アマミノクロウサギ』や『八重山のカンムリワシ・イリオモテヤマネコ』のような存在感が乏しく、立ち寄った土産物屋さんでも目立たぬ存在。でも、島の人たちには愛されているのでしょうね。(^_^


ところで、調べてみると近年の大噴火によって個体数を減少させ、また、一部は暫く近隣の島々に移動していたようですが、徐々に回復の兆しをみせているそうですね。
ただ、これにも増して人の手によって移入されたイタチによる被害が深刻のようで、実際、「アカコッコ」の密度の高い大路池周辺でもチョロチョロ動き回る彼らの姿を見かけました。もっとも、見た目には可愛らしい姿で彼らには罪は無いのですが、今後の動向が注目されます。

「アカコッコ」♂ 留鳥・L=23cm 固有種・国指定天然記念物・絶滅危惧IB類(EN)
f0176070_2237222.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/80s F5 ISO640

[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-25 00:05 | 低山・森林・高原

鳥見魂!!Presents-バード・アイランド「三宅島」探鳥ツアー

2泊2日で三宅島に渡りました。

今回は、鳥ブロ友の「鳥見魂!!ゴイサギさん」☜Click
に声を掛けて頂き、そのお仲間の皆さんと総勢9名による遠征です。

普段我々が目にする野鳥のゴイサギは、もっさりした寡黙なイメージがありますが、
初めてお会いする人間ゴイサギさんは職業Cマンより吉本の芸人になれば良かったのにと言いたくなるぐらい、
常に口が開いていました・・・037.gif
それでも、鳥を目の前にすると急に大人しくなるのですからカワイイもんです。(^_^

そして、お仲間の皆さんも家庭を顧みない「LOVE鳥・見人」と言う感じで充実した時間を共にすることが出来ました。まあ、僕は元来人見知りする人なので一人好青年を演じていましたが・・・(;^_^
また、お声をお掛け下さい。017.gif
そして、この場をお借りしてお礼申し上げます。

撮影した「野鳥写真」と「観察記録」は次回以降、順次更新して参ります。

f0176070_23294522.jpg


☜Click (今回参加の鳥見人のリンク先です)

鳥見魂!!
鳥好きFPのつれづれ日記
鳥見夫婦の旅日記
野鳥の日記
『ほぼ週刊 とりんちゅ♪』
鳥撮りしま専科?
(株)隙間産業
四五六荘
*順不同
[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-24 00:00 | 遠征探鳥日誌

日本野鳥の会「1000人でつくる、シマフクロウの森」

野鳥の会会員の方は既にご存知だと思いますが、現在、
「1000人でつくる、シマフクロウの森」キャンペーンを実施しています。

その内容は、寄付つきTシャツ「千人の森」を購入するだけ!!
僕も1着購入させていただきましたが、シリアルナンバーは100番台でした。
まだまだ募集中のようですので、ご興味のある方はぜひ、リンク先をご覧下さい。


「1000人でつくる、シマフクロウの森」 ☜Click

f0176070_22132117.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-21 00:00 | 番外編

「クロツグミ」

先日「さえずり」音声をUPしたご本人(同一個体)の登場です。(^_^
まるでフルート奏者とも形容されることがある森の歌い手ですね。
と言っても、そのシーンの撮影は断念したのでお食事シーンからの更新です。

夕方、林道で落ち葉の下を漁りながらミミズなどを捕まえている様子。
柔らかな日差しの中、黄色いアイリングが際立っていましたね。
今日も長時間の演奏ご苦労様でした。(^_^

「クロツグミ」♂ 夏鳥・L=21cm
f0176070_01913.jpg
f0176070_012446.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/320s F5.6 ISO800

[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-19 00:02 | 低山・森林・高原

「オオルリ」

引き続き、GWの出会いから・・・。

フィールドで休憩していると突然目の前を横切り正面横枝に止まりました。
艶やかな「オオルリ」です。
個人的には青い鳥といえば、白の美しさも際立つ「コルリ」が一押しなのですが、ブルーの艶やかさでは「オオルリ」が一番なのでしょうね。
この個体は右顔、左顔、斜顔、正面顔と色々なポーズを取ってくれて、サービス精神満載!(^_^

ここで独唱を披露してくれるとなお嬉しかったのですが、久しぶりの近距離で嬉しい出会いでした。

「オオルリ」♂ 夏鳥・L=16.5cm
f0176070_224542100.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/400s F5.6 ISO400

[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-16 23:01 | 低山・森林・高原

「コサメビタキ」

訪れたフィールドの桜はまだ1分咲き程度・・・。

暖かな陽気に誘われたかのように「コサメビタキ」が元気に飛び回り、盛んにフライキャッチを繰り返していました。
もっとも、その瞬間をカメラに収めることは難しすぎますね。(;^_^
でも、僕が一番好きな振り返りポーズで一瞬立ち止まってくれたのでよしとしよう。

そう言えば、少し前に雑誌で「コサメビタキ」の飛来数が減少傾向にあるという記事を目にした記憶がありますが、
今回の遠征で一番目にした夏鳥はこの可愛らしい小鳥でした。

「コサメビタキ」 夏鳥・L=13cm
f0176070_22543623.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1000s F5.6 ISO800

[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-12 00:02 | 低山・森林・高原
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー