「ほっ」と。キャンペーン

N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「トラフズク」 vol.3

夕日も沈む頃、「トラフズク」は盛んに毛繕いをしていました。
夜の活動へ向けての準備でしょう。
やがて、日が沈むと、街路灯の光が「トラフズク」の姿を夜空に浮かび上がらせます。昼間とは違った表情を魅せてくれました。
耳を澄ますと〝フォーフォー″と鳴き交わしの声が聞こえてきます。
『そろそろいこーぜ!』と仲間どうし合図を送っているようでした。

「トラフズク」 冬鳥・L=38cm
f0176070_22152937.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR
1/10 F2.8 ISO5000 撮影:2010/1上

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-26 00:00 | 市街・雑木林・畑・草地

「トラフズク」 vol.2

先月訪ねたフィールドでは、半径数百メートルのエリアに最低7個体の「トラフズク」が越冬していました。
「コミミズク」がその名の通り、耳のように見える〝羽角″が小さいのに対し、「トラフズク」は大きいのが特徴の一つです。
でも、本当の耳とは関係ありません。その時の精神状態によってピンと伸ばしたり、伏せたりするようです。
まさにミミズクを代表する種ですね。

「トラフズク」 冬鳥・L=36cm
f0176070_23311189.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+Micro-NIKKOR AF-S 105mm F2.8G ED VR
1/100 F4 ISO200 撮影:2010/1中



f0176070_23324569.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-24 23:32 | 市街・雑木林・畑・草地

「コミミズク」 vol.2

「コミミズク」が雪原に舞い降りた!!

彼らは、音を立てない特殊な翼で静かに舞い降り、鋭い爪で獲物を捕らえます。
慌てずゆっくりと降りた地点に行ってみると、後ろ向きの姿を確認できました。もぞもぞと何かをしている様子。
すぐに、首をくるりと真後ろにまわしてこちらを凝視します。フクロウ類ならではの動きですね。そして、また、向きかえって、もぞもぞしています。

暫くすると、捉えた獲物を咥え直して横を向きました。獲物は〝ネズミ″です。彼らは、捉えた獲物を鋭い爪で押さえつけたまま嘴で絞め、咥えたまま頭から丸呑みするようです。

「コミミズク」 冬鳥・L=38cm
f0176070_22481749.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/500 F5.6 ISO400 撮影:2010/2中




f0176070_22484230.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/320 F4.5 ISO400 *トリミング  撮影:2010/2中

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-22 22:10 | 低山・森林・高原

「コミミズク」 vol.1

「コミミズク」が雪原に舞い上がった!!

少し早目の時間帯から、広いフィールドを縦横無尽に飛びまわります。
時折、低空飛行へ移りながら雪原へ舞い降りては、上昇します。
必ずしも狩りが成功するとは限りません。
やがて、2段階に高度を下げながら長い低空飛行へと入ります。そして、くるりと反転しながら舞い降りました。どうやら、狩りに成功したようです。

夕方前の時間帯は急激に気温も下がり、手が悴んで少し辛かったです。
でも、「コミミズク」と一対一で向き合う喜びで、モチベーションは上がりっぱなしでした。(*^^)v

「コミミズク」冬鳥・L=38cm
f0176070_2275837.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/320 F5 ISO400 撮影:2010/2中




f0176070_2285310.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/320 F5 ISO400  撮影:2010/2中




f0176070_2292632.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/320 F5 ISO400 *トリミング 撮影:2010/2中

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-21 22:30 | 低山・森林・高原

週刊 野鳥の世界

TVコマーシャルも流れているので、ご存知の方も多いと思いますが、
DeAGOSTINIから、「週刊 野鳥の世界」が創刊されましたね。

創刊号は、"特別定価290円特製バインダー付き"という事で、お試しに購入してみました。
詳しくは、HPをご覧頂ければと思いますが、小中学生のお子さんでも読みやすい構成かと思います。

リンク☛ 「週刊 野鳥の世界」

なんでも、全100巻を予定しているようなので、凄いスケールになりそうですね。とりあえず数号は購入してみようかな。

ちなみに、このシリーズは、「毎号付録されるパーツを集めると精巧な模型が完成する」というイメージがあるので、「野鳥の世界のジオラマセット」なるものでもと期待しましたが、ちょっと違うようです。
勿論、毎号応募シールを集めてプレゼントがあるのですが…苦笑

記念すべき創刊号の表紙は、やはり「カワセミ」でしたね。

f0176070_23123645.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1250 F5.6 ISO400 *トリミング 撮影:2009/5下

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-18 00:03 | 番外編

静寂の時

この時期、6時もまわると、辺りはすっかり暗闇に包まれます。
そんな雪原フィールドの中を走っていると突然、車の前方を3頭の『シカ』が横切りました。

車を停め、ヘッドライトを消しエンジンを切ります。
3頭が消えていった方向を伺いますが、僅かに手前の雪化粧した樹木が薄らと確認できるだけで、彼らの姿をこの眼に捉える事は出来ません。

その時です…白い枝が、僅かにゆらりと揺れました…。「い、いる…!?」
カメラのLV(ライブビュー)を起動させ、その方向を映し出します。
すると、砂嵐のような液晶モニターの奥に微かに彼らの影が映し出されました。
どうやら、向こうもこちらの様子を伺っているようです。
息を殺して、慎重にシャッターを切ります。

「肉眼では決して捉える事の出来ない光景が映し出されていました。」

f0176070_23335390.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/10 F4 ISO12800 撮影:2010/2中

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-17 00:22 | 番外編

「フクロウ」

2月の高原フィールドは、草木全てが氷に包まれた幻想的な世界でした。

明け方の気温は氷点下20℃。
天候は曇り、無風。昨晩は少し崩れた様子…。こんな日は、
午前中の時間帯に「フクロウ」が活動してくれる期待大という。
昨晩、狩りが上手くいかず、腹を空かしているのだろうか…。

いつもと変わらず、現地入り夜中の2時、6時起床。早朝から広大なフィールドを丹念に探していきます。途中、1個体を発見しましたが、距離がありずぎるので断念。その後、次の個体を確認するに至らず、半ば諦めモードでハンドルを左に切り、あまり居ないだろうと踏んでいたエリアに侵入します。…で、右斜め前方にいるじゃん…!?
『お前、なんていいところに居るんだ~♪』と思わず心の中で叫んでしまいました。笑
時間にして9:40分頃。幻想的な世界での素晴らしい出会いでした。

「フクロウ」 留鳥・L=50cm
f0176070_0144842.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/320 F5.6 ISO400 *トリミング 撮影:2010/2中




f0176070_016122.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/250 F5.6 ISO400  撮影:2010/2中




f0176070_0165220.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-15 00:17 | 低山・森林・高原

「シノリガモ」

青い海…。弾ける水しぶき…。
可憐に波乗りする〝道化師″を撮りたい!?
昨シーズンのリベンジも兼ねて行ってきました。

「シノリガモ」です。
まあ、実際には、波が来ると、タイミング良く海の中に潜ることが多い彼らですが、たまーに、潜り忘れたのが波乗りしてくれます。(*^^)v
この辺は、波が良いようでサーファーの姿も多いのですが、鳥たちの方が波乗り上手ですね。笑

「シノリガモ」♂ 冬鳥・43cm
f0176070_1943267.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/1250 F9 ISO800 撮影:2010/2上




f0176070_19445477.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/1000 F9 ISO800 *トリミング 撮影:2010/2上



♂ 煌びやかな姿から、英名では〝道化師″と呼ばれるそうです。
f0176070_1945536.jpg



♀ これは、別の場所で越冬している個体。 撮影:2009/12上
f0176070_19542490.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-11 19:52 | 海上・岸・干潟

「ユキホオジロ」

とても愛らしく美しい姿ですね・・・
「ユキホオジロ」です。

本来は、主に北海道の雪原等に飛来する冬鳥ですが、こんなに南下してくるとは…とても嬉しい出会いでした。
既に2度足を運んでいるのですが、本日の更新は1度目の出会いから。
この日は生憎の天気で風も非常に強く、距離もありました。
“この子”も強い風を避けるように、しゃがんでいる時間が長かったなあ…。

「ユキホオジロ」♂ 冬鳥・L=16cm
f0176070_21562776.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/400 F6.3 ISO400 *トリミング 撮影:2010/2上




f0176070_21573984.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/200 F8 ISO400 *トリミング 撮影:2010/2上


f0176070_21582840.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-10 21:58 | 海上・岸・干潟

「コオリガモ」

『氷-コオリ-』『雪-ユキ-』に会う事が出来ました。
週末吹き荒れた冷たい西風もなんのその! 
“HOTな一日”となりました。笑

まずは、「コオリガモ」から。
この海ガモは北海道の海を中心に越冬するイメージがありますが、随分と南下してきたものです。
♂は第一回冬羽ということで、特徴的な長い尾ではありませんでしたが、氷雪の多い環境に対応した姿は印象的でした。
飛翔形もカッコイイ!!

「コオリガモ」♂ 冬鳥・60cm(成鳥に見られる長い尾を含め。胴体サイズは♀と同等)
f0176070_2244430.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/800 F8 ISO200 *トリミング 撮影:2010/2上




「コオリガモ」♀ L=38cm
f0176070_22842100.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC17EⅡ
1/500 F8 ISO400 *トリミング 撮影:2010/2上




f0176070_2201849.jpg

途中、スズガモの群れに囲まれていましたが、最後は、連れ添って沖合へと消えて行きました…
[PR]
by N_BIRDER | 2010-02-08 22:11 | 海上・岸・干潟
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28