N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「シロチドリ」

干潟フィールドを駆け抜ける「シロチドリ」です。今年も一年あっという間に駆け抜けましたね~。(^.^)

ジグザグに歩くことから酔っぱらいの歩き方を「千鳥足」と表現しますが、実際のチドリは実にキビキビと敏捷に歩き回ります。
f0176070_2371340.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ 1/1250 F8 ISO400 *トリミング

さて、今日の更新が年内最後となります。
今年の5月25日にこのブログを立ち上げてから、なんとか年末まで続けることが出来ました。
僕のつたないブログにアクセス下さった方々、コメントを下さった皆様、リンクをお貼り下さった皆様、
フィールドでお会いした皆様にこの場をお借りしてお礼申し上げます。

2008年5月25日~12月28日集計

探鳥延べ日数・・・・・・・・・・39日間 , 探鳥箇所・・・・・・・・・・・・・・20か所
ブログ記事数・・・・・・・・・・・82件 , 画像アップ鳥数・・・・・・・・・68種
アクセス数・・・・・・・・・・・・・31,714件 , ユニークユーザー数・・・・・・15,545人
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-28 23:48 | 海上・岸・干潟

ファイト!珍鳥発見?・はばたけ野鳥研究会対決

今日は学生時代の思い出を書き残します。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、我が『麻布大学野鳥研究部』は
NHK紅白歌合戦の審査のカウンターを1993~2002年まで務めていました。
なお、日本野鳥の会は1981~85年,92年の6回ですから、実績はこちらが上です。(笑)

僕自身も1度参加していますが、紅白どちらが勝ったかも記憶にありません。
なにせ観客席が近すぎて双眼鏡でカウントするのが難しく、双眼鏡を覗いたふりをしながら
肉眼で数えていました。(^_^;)
あと、とにかく正確性より早く数えることを意識してカウンターを押しまくりましたね~。!(^^)!
ちなみに、後で文句は無かったので正確にカウント出来ていたと思います。

さて、そんな縁もあって、当時NHKの若者参加型番組「ファイト!」にも出演させてもらいました。

この番組は2つのグループがあるテーマで対決する形式で相手は早稲田大学。
偏差値では敵わぬが鳥見では負けられぬという事で頑張りましたね~。

第一ステージは「バードソン」 
設定された時間内で何種類の野鳥を観察できるかの勝負!
高尾山をスタートして酒匂川や多摩川、大井、谷津干潟などを廻ったと記憶しています。
確か僅差で勝利したと思います。

そして、第二ステージは「スタジオでクイズ対決」
純朴?な若者に芸能人とテレビカメラは無理です。(^_^;)
緊張して殆ど答えられなかったです。
ただ、一問自ら答えた問題だけは記憶に残っています。
それは、『日本で観察できるツル類は何種類?』  A.7種類

最後に、第三ステージ「スタジオでカウンター対決」
確かあっさり勝利したと思います。

何れにせよ総合で見事に勝利したのでした。(^_^)v

さて、ようやく写真の紹介ですが、この「ダイサギ」写真は、大きなパネルにして
スタジオに持ち込みました。ゲスト出演した大塚寧々さんに社交辞令でお褒め頂いた記憶が
残っています。

f0176070_23273123.jpg

35mmフィルム一眼レフ 300mmズームレンズ
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-25 00:00 | 番外編

「エナガ」

カラ類やエナガ類の採食方法・・・
『普通法』 『とびつき法』 『のっかり法』 『つりさがり法』と
主に4つの方法を用いると言われています。

餌の種類などにもよるのですが、木の実などを採食する際よく見かける方法が、
この写真のような『つりさがり法』ですね。

今回UPする画像は「エナガ」です。
決して大型の鳥には真似のできない彼ららしい一面です。

f0176070_23331524.jpg

NikonD300+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR+TC17EⅡ
1/60 F4.8 ISO200 *トリミング
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-22 23:36 | 低山・森林・高原

野鳥研春合宿の地

今週末は、大学時代の友人と「野鳥研春合宿の地」へ行ってきました。

この周辺は、当時毎年のGW春合宿の地であり懐かしい場所でしたが、
なにせ10数年ぶりです。あまり思い出す事も出来ず、
思い出せてもここで取り上げる意味のないくだらない事ばかりです。

ホント、学友とたまに再開するのは楽しいものです。お互い年をとりましたが、また、いこーぜ!!(^◇^)

鳥見に関しては、フクロウ、ヤマドリ、ハギマシコ、ベニマシコが主なところでしょうか。
いずれもチラ見&枝かぶりで撮影チャンスは皆無でした。
それにしても、雪は少ないし、暖かいし、冬鳥も少ないような印象を持ちました。

-八ヶ岳連峰の赤岳を望む-
f0176070_21495223.jpg

NikonD300+NIKKOR AF-S DX 16-85mmF3.5-5.6G VR 1/320 F10 ISO200

-内陸側から富士山を望む-
f0176070_21511661.jpg

NikonD300+NIKKOR  AF-S DX 16-85mmF3.5-5.6G VR 1/1600 F10 ISO200


-気持ちの良い青空でした-
f0176070_2210040.jpg

NikonD300+NIKKOR AF-S DX 16-85mmF3.5-5.6G VR
1/320 F10 ISO200
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-21 22:07 | 番外編

「コガラ」

『ベレー帽を被ったような』黒い頭が特徴的な「コガラ」。

バード・ウォッチングをはじめた頃、最初に覚えたのが「シジュウカラ、コガラ、ヒガラ」でしたね。
そー言えば、ベレー帽の他に『蝶ネクタイ』をしているという覚え方もありました。(^.^)

f0176070_015793.jpg

NikonD200+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR+TC14EⅡ
1/640 F5 ISO200 *トリミング
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-16 22:52 | 低山・森林・高原

「ヨシガモ」

久しぶりに湖沼フィールドへ行ってきました。

アイサ類最大のカワアイサ50羽程が越冬の為に訪れていました。
その他、少数のミコアイサ、ヨシガモ。それから、カルガモ、ヒドリガモ、マガモ、
カイツブリ、オオバン、カワウなどが普通に居ました。

写真は、「ヨシガモ」です。ヒドリガモも加わって少群をつくっていました。

f0176070_11453092.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/1000 F8 ISO400



f0176070_1146135.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/800 F8 ISO400 *トリミング
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-14 11:49 | 湖沼・川・湿地・田

「ダイシャクシギ」

干潟フィールドで出会った1羽の「ダイシャクシギ」
このフィールドでは4羽越冬しているようでした。

近くを船舶が通ったようです。
突然起きた小波に慌てる姿が滑稽でした。
彼は必至なのだろうが、飛べばいいのに・・・。
f0176070_20154080.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/500 F8 ISO400 *トリミング


下に大きく湾曲した嘴と、腰が白いのが特徴ですね。
比較的ゆるやかなスピードで水平に滑空してくれたので堪能できました♪
f0176070_20162641.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/100 F8 ISO200
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-11 20:18 | 海上・岸・干潟

「ミヤコドリ」

昨日に引き続き「ミヤコドリ」です。

これだけ個体数が多いと、やはり相性の悪い個体もいるようです。
というか、かなり一方的でしたが…(^^ゞ
すごい悲鳴でしたが、これは痛いでしょう・・・写真を見ると完全に入っています。(^_^;)

f0176070_2336720.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/2000 F8 ISO640 *トリミング



f0176070_23362496.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/2000 F8 ISO640 *トリミング





何時までも、このような希少な自然が残り続けてほしいですね。
f0176070_23364066.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/800 F8 ISO400
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-09 23:43 | 海上・岸・干潟

「ミヤコドリ」

有名な干潟フィールドに足を運んで来ました。
実はこの場所は初めての場所です。学生時代にも訪れた記憶がありません。(^_^;)

という訳で、『潮が満ちてくる時間帯』と『潮が引いてくる時間帯』を観てみたいと思い
2週連続で行ってきました。
どちらも十分満足いきましたが、満ちてくる時間帯の方が、
残った浅瀬に野鳥達が集中してくれるので撮影はし易かったですかね。

さて、写真は「ミヤコドリ」です。
随分と個体数が多いですね。幾つかのグループがあるのかもしれませんが、
最大170羽程の群れを観察する事が出来ました。
僕が学生時代に抱いていたイメージは稀な冬鳥だったんですが・・・
ブランクの間に大きく環境も変化したようです。
f0176070_21592134.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR 1/1600 F7.1 ISO400

f0176070_21594083.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ 1/2000 F8 ISO400 *トリミング



f0176070_220136.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ 1/1600 F8 ISO400



f0176070_22293332.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR 1/400 F8 ISO200
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-08 22:10 | 海上・岸・干潟

「ハマシギ」

干潟フィールドにて撮影した「ハマシギ」の少群です。
後方から朝日を浴びて、とても綺麗な飛翔でした♪

f0176070_2331311.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/800 F8 ISO800



f0176070_2216420.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/200 F9 ISO400
[PR]
by N_BIRDER | 2008-12-07 23:04 | 海上・岸・干潟
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30