N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:亜高山・高山( 10 )

「ギンザンマシコ」

午後3時をまわり目的の峠につくと、霧は晴れているものの、かなり強い風が吹いていました。
こうなると、この鳥は姿を現してくれません。
聞けばここ数日ずっと芳しくない状況が続いているようです。

振り返れば、これが良かったのかもしれません。5時半をまわると風がピタリと吹き止みました。
一斉に鳥たちが活発に動き出します。ノゴマ・アオジ・カワラヒワ・・・。
目的のギンザンマシコも姿を現し、早速、ハイマツの実をむさぼります。あの固い実にかぶりつく姿は意外な迫力を感じます。

翌朝も時折濃霧に包まれるものの、薄日も差す程良いコンディション。
営巣の為に小枝を運ぶ♀や、活発に動き回り、時折口笛のような短い囀りをする♂。一度♂の若鳥も姿を見せてくれました。
下界は繁殖も終わるころですが、この場所はこれからが繁殖期のようです。

「ギンザンマシコ」 漂鳥・L=20cm
f0176070_18561591.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/400s F4.5 ISO640


f0176070_1905423.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/400s F5 SO1000


f0176070_1923092.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR + TC14EⅡ
1/160 F8 SO640


f0176070_1934161.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/200 F5.6 ISO800


f0176070_195396.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/250 F4.5 ISO800


f0176070_197192.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1600 f4.5 ISO640


f0176070_199191.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/2000 f5.6 ISO1000

[PR]
by N_BIRDER | 2013-08-19 00:00 | 亜高山・高山

「アマツバメ」

訪れた知床のハイマツ帯では沢山の「アマツバメ」たちが東から西へと峠越えをしていました。
数時間の間、殆ど絶え間なく続きます。その数ゆうに数百を数えるでしょうか・・・。

鳥類の中でも特に秀でた飛翔能力を持つ彼らですが、その能力の源は、この鎌型の翼にあるのは間違いない訳で、
交尾から睡眠まで飛びながらこなすと言うのですから、その一生はとても興味深いですね。

それにしても、すっかり振り回されました・・・。(;^_^A

「アマツバメ」夏鳥 L=23cm W=43cm
f0176070_182620100.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR
1/2000s F5.6 ISO400




f0176070_1826426.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャプな画像でご覧いただけます。]
NikonD3+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR
1/1000s F8 ISO800




f0176070_18265994.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャプな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/2000s F7.1 ISO640*トリミング

[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-10 18:32 | 亜高山・高山

「ライチョウ」

谷を挟んで反対側の斜面にその姿を確認できました。

ここからが苦しかった・・・(;^_^A
距離は大して遠くないのですが、当初、走って斜面を駆け上がったのが失敗でした。すぐに息切れしてしまい、なかなか「ライチョウ」の元へ辿り着きません。また、近づくにつれ雪も深く太ももまで埋もれてしまい、先へ進めません。
スノーシューを装着しなかった事が悔やまれます。

おそらく15分程度掛かったでしょうか・・・漸く「ライチョウ」の元へ辿り着きました・・・(^0^*

待っていてくれたのか?のんびり排便中です。糞はポロポロと、まるでウサギのそれと同じような感じです。

「ライチョウ」♂  留鳥・L=37cm 国指定特別天然記念物・絶滅危惧II類(VU)
f0176070_13562.jpg


f0176070_162128.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S DX16-85mmVR *16:9トリミング
1/40s f10 ISO400 (35mm) ・ 1/125s f8 ISO640 (85mm)



急斜面に気をつけながら体を反転させまわり込んでアングルを整えます。
息が上がってしまいカメラを固定するのも困難でしたが無心でシャッターを切りました。

夏羽移行中の♂のようです。
黒い過眼線が♀には見られない特徴です。繁殖期になると目立つ目の上の赤い肉冠が見えませんが、まだ若い個体なのでしょうか?
また、この個体は足環を付けていません。

f0176070_1135861.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR
1/50s F6.3 ISO640



斜面を『スィースィー』と下ります。ホント、歩くのではなく滑っていましたー(ノ゚ο゚)ノ
実際にはまだ夜が明けきっていない状況で、設定に問題を感じつつも余裕なくシャッターを切り続けます。

足回りも、長い爪をのぞいて、全体が分厚い羽毛に包まれています。
厳しい雪山に適応した姿を実感することが出来ました。

この後、結局飛び立つことなく急斜面を下りて行ったようですが、自らの滑落の危険を感じ追うのを諦めました。

f0176070_1183962.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR
1/80s F6.3 ISO640



ただ、機材の一部を突風に煽られ滑落させてしまい、日本一高所の温泉「みくりが池温泉」でスノーシューやストックをお借りし、なんとか無事に回収することが出来たのですが・・・一部故障したようです。


尚、お話によると、今シーズンはまだ確認されていなかったそうで、助けて頂いたお礼もかねて、
「みくり通信」へ写真を提供させて頂きました。

今回は予想に反して1個体しか会う事が出来ませんでしたが、
最後の最後に幸運に恵まれてラッキーな遠征となりました。
[PR]
by N_BIRDER | 2011-05-03 01:32 | 亜高山・高山

「アマツバメ」

高山や海岸の断崖などに営巣する「アマツバメ」。

フィールドの高台にて、ホシガラスやウソを待っていると、はるか彼方の稜線沿いを通過していきました。
飛翔能力に特に優れた鎌形の翼が特徴的です。
一度、北海道でハリオアマツバメの壮大なコロニーを観たことがありますが、
いつかまた出会う機会に期待したいですね。

「アマツバメ」 夏鳥・L=23cm/W=43cm
f0176070_22595727.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/400 F9 ISO400 *トリミング
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]
[PR]
by N_BIRDER | 2009-08-05 23:01 | 亜高山・高山

「ホシガラス」

亜高山帯を代表する野鳥と言えば、僕の中では「ホシガラス」ですね。

ところで、皆さんもそうだと思いますが、僕は、『野鳥達の姿を写真としてどのように切り取るのか・・・』 
常に頭の中でイメージを膨らませるよう心掛けています。
基本的には、ストレートに可愛く、らしさが伝わるような写真なんですが・・・なかなか思うようにはいきません。

ちなみに、今回に関して言えば、
『カメラアングルを少し高い位置に設定。彼らが住む環境を眼下に見ながら、奥行き感のあるカットを捉えたい。』というものでした。

で、ひたすら高いアングルから彼らの姿を求めようと粘りましたが・・・根気負けしました。(^_^;)
まあ、可愛い表情を魅せてくれたのでよしとするか。(*^^)

「ホシガラス」 留鳥・35cm
f0176070_039380.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1500 F5.6 ISO400
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]
[PR]
by N_BIRDER | 2009-08-04 22:37 | 亜高山・高山

「カヤクグリ」

週末は標高2,000m級のハイマツ帯に足を運んで来ました。
一帯は、チリリリ チュウチイ ピピピピチリリリ・・・ と「カヤクグリ」が盛んに囀り、
それに負けじと、銭取り銭取りで聞きなされる「メボソムシクイ」が応戦しているようでした。
それにしても山の天気は変わりやすい。(^_^;)
朝は大粒の雨に見舞われ、気温は10℃程度。また、雨が止んだかと思うと、急に青空が広がり、
瞬く間に体感温度30℃近い猛暑・・・。
折角のシャッターチャンスが来たと思ったら、霧が流れてきて、チャンスもお流れ・・・
写真は、「カヤクグリ」です。
2夫1妻という変わった群れを形成する地味な姿の野鳥です。

「カヤクグリ」♂ 標鳥・L=14cm・固有種
f0176070_23415450.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR +TC14EⅡ
1/250 F9 ISO400
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]

f0176070_23421142.jpg

NikonD3+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/800 F5.6 ISO200
[画像をクリックいただくと少し大きなサイズでご覧いただけます]
[PR]
by N_BIRDER | 2009-08-02 21:23 | 亜高山・高山

「メボソムシクイ」

亜高山帯が続きますが、忘れてはいけない「メボソムシクイ」です。

彼らは、日中でも一番元気に「ショリショリショリ」とよくさえずります。今年も目立ってました。
そこまで主張しなくてもいいだろうと心配になるくらい口を大きくあけて頑張ります。

ちなみに、大学の頃さえずりの覚え方として「銭取り銭取り」と教わりましたが、かなり強引なこじ付けだと今でも思います。

センダイの「焼酎一杯グイー」はその通りだと思いましたが・・・

f0176070_1419417.jpg

NikonD200+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR+TC17EⅡ
1/350 F4.8 ISO125 *トリミング
[PR]
by N_BIRDER | 2008-06-13 21:36 | 亜高山・高山

「ルリビタキ」

先日のキクイタダキ同様、亜高山帯から高山帯地域で繁殖する「ルリビタキ」です。

青い鳥と言えば、「オオルリ」「コルリ」「ルリビタキ」の3種類が代表的ですが、唯一、年中国内にて観察する事が出来ます。

「ルリビタキ」に関して言えば、3種の中で一番「さえずり」の声が好きですね。

今年は5月の中旬に彼らが住むエリアに行ってきましたが、殆ど、さえずっていませんでした。
と言う事で、過去の画像からアップします。

f0176070_1443181.jpg

NikonD200+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR+TC17EⅡ
1/320 F4.8 ISO200
[PR]
by N_BIRDER | 2008-06-12 00:10 | 亜高山・高山

「キクイタダキ」

今日は5月中旬撮影した「キクイタダキ」です。

全長10cm。日本国内で観察できるおおよそ550種類前後の野鳥の中で最小で、
体重も僅か5gしかありません。

「キクイタダキ」を撮るなら可愛らしい「さえずり」をおさめたいという事で、
彼らの繁殖の地である亜高山帯まで行ってきました。

彼らは、ソングスポットを決めて「さえずる」わけではなく、
針葉樹林の中をちょこちょこ捕食しながら動き回り、その合間に「ツリリり」とか細い声でさえずります。

ルックスの可愛さは一番ですね。

f0176070_13563666.jpg

NikonD300+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR 1/1250 F5.6 ISO200
[PR]
by N_BIRDER | 2008-06-08 22:34 | 亜高山・高山

「トビ」

一番ポピュラーな猛禽類「トビ」です。

トビの主食は、魚類・動物・鳥類などの死骸です。生きている小鳥を襲う事は殆どありません。

写真は、昨年の5月に長野県戸隠周辺にて撮影しました。
戸隠は野鳥の生息密度が国内有数といわれ、今の時期にはなるべく一度は足を運ぶようにしています。

ところで、写真の獲物は何でしょうかね。ナマズでしょうか?

f0176070_2311232.jpg

FUJIFILM S5PRO+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR+TC17EⅡ
1/640 F4.8 ISO640
[PR]
by N_BIRDER | 2008-05-28 01:18 | 亜高山・高山
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31