N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:海上・岸・干潟( 50 )

「クロアジサシ」

~昨シーズン訪れた宮古島遠征より~ [探鳥3日目・最終日]059.gifAM11:30-PM2:00
☞エメラルドグリーンの海が眩しい -宮古遠征-

大潮の干潮時に合わせ、宮古島沖十数キロの岩礁地帯にあるアジサシのコロニーへ向かいました。
周囲0.5kmにも満たない小さな無人島です。
f0176070_2227142.jpg
ここは、2,000羽近いクロアジサシを中心に100羽強のマミジロアジサシの繁殖地です。その他、エリグロアジサシやベニアジサシが少数飛び回り、また、運が良ければごく少数のヒメクロアジサシに会うことが出来ます。
ただ、気象条件に左右されやすく年により個体数の変動は大きいようです。

今回は、撮影法についても少し触れながら振り返ろうと思います。


僕の場合、「こういう写真を撮りたい」と常に頭の中で出来上がった画を描くように意識しています。
そして、実際の撮影時には、被写体だけでなく背景に目を配るようにしています。こうすれば、自然と横構図・縦構図が選択出来、被写体を画面のどの位置に入れるかも決まってきます。




??干潮に現れた島の周辺で羽を休める少群
鳥視線の高さにカメラ位置を下げて撮るのが基本です。こうすれば、奥の水平線も映り込み遠近感も表現出きます。群れの中に飛び込んでくるクロアジサシのタイミングに合わせてシャッターを切ります。
「クロアジサシ」 夏鳥・L=42cm
f0176070_23115783.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3s+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/640s F8 ISO400





??青空をバックに舞い降りるシーンを広角的に狙う
青空をバックに撮ると単調な写真になりやすいです。浮かんでる雲を画面内に取り入れたりし変化を加えることが大切だと思います。このシーンでは、画面の下に海面を取り入れることで広がりを表現しました。
f0176070_23531948.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3s+NIKKOR AF-S70-200mmF2.8G ED VR
1/1250s F5.6 ISO400 *トリミング 


f0176070_2191661.jpg 

☞NG写真
青空バックだと単調になりやすい
このような時は出来ればアップで狙いたいです。












??青い海をバックに親子の姿を狙う
この場所での定番ショットと言えます。強い日差しがトップから降り注ぐ中、親鳥の頭頂部、ひな鳥の白い産毛、岩場のハイライト部の諧調に気を付けて露出を決定します。
f0176070_21374220.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3s+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/400s F8 ISO400


f0176070_22191269.jpg
☞NG写真
撮影場所(角度)によっては、バックがこのように写ります。右手前のボケも余計な映り込みです。













??ローアングルで遠近感を出しつつ、正面からの飛形を狙う
縦横無尽に飛び回るように見える鳥たちも、「よく通過するルート」があるようです。この時は、中央の岩場で休む個体の頭の上付近を複数個体が通過するのが目に留まりました。カメラをローアングルに構え、青空と岩場に植生する緑が映えるように構図をセッティング。リモートコントロールにて撮影しました。
f0176070_22283146.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S70-200mmF2.8G ED VR
1/400s F8 ISO400 *トリミング






??親子の姿をアップで狙う
この場所では至る所でこのような親子の姿を目にすることが出来ます。基本的に僕の好みの問題として、少し引き気味に周りの景色も取り込むことが多いのですが、シンプルに1枚押さえておこうと思いました。
f0176070_2121171.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR
1/1000s F6.3 ISO400


f0176070_2126366.jpg
☞NG写真
水平線を入れて、後ろに飛び交う個体を入れながら撮ってみましたが、主役がぼやけた写真になりました。前ボケの使い方も下手としか言いようがありません。


















??バックの写り込みに注意して親子の姿を狙う
この日は島を挟んで東西の雲の様子が大きく違いました。背景に大きな岩場を持ってくるような構図にし、霞んだグレーの海が極力写りこまないようにしました。この時の日差しの加減も手伝って柔らかな羽毛の質感が再現できたと思います。

因みに、事前に数冊確認したクロアジサシのページには「雛は普通1羽」と書いてありました。これは、めずらしいと思い2羽の雛が顔を上げてくれるのを待ちましたが、無理でした。
f0176070_21401255.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3s+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR
1/500s F6.3 ISO400

[PR]
by N_BIRDER | 2013-09-05 23:10 | 海上・岸・干潟

「ツノメドリ」

この日の落石周辺海域は、朝から深い霧に包まれていました。
特に「ユルリ・モユルリ島」周辺は、うねりも高く危険ということで、ユルリ島の近くまで行って引き返す変則航行となりました。

通常時は、2島をぐるりと周遊します。☛2011年6月 こんなに天気が良かったんだ・・・

ガイドさんも今どの辺にいるか判らないとボヤく程の条件だったようで、いつまで経っても、島影もまったく見えず、内心、失敗したなぁ~と思っていました。

しかし・・・、本当に幸運でした。今回一番会いたかった「ツノメドリ」を確認。
更に嬉しい事に何故か十数分間島影が目視出来るほどに霧も晴れ、ユルリ島をバックに撮影出来ました。

距離はありましたが、数羽の「エトピリカ」と行動を共にしていました。
お腹が真っ白なので識別は容易です。体の大きさも一回り小さいようです。「エトピリカ」よりも低い位置を飛んでいました。ツノ模様の目も判りました。
因みに、エトピリカと違いまだ繁殖の確認はとれていないとの説明でしたが、将来的に定住してくれると嬉しいですね。

「ツノメドリ」 L=36cm
f0176070_22483617.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3s+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/800s F6.3 ISO800



「エトピリカ」2011年6月撮影
f0176070_22511814.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2013-08-22 00:00 | 海上・岸・干潟

「エリグロアジサシ」

[探鳥初日]059.gifAM8:30-

早めに山林を後にし、島北西部に位置する池間周辺の断崖へ向かいました。
現地に着くと、目の前の綺麗な海は変わらずとも肝心なアジサシの姿が見当たりません。
この周辺ではコロニーを形成していないようです。
潮が引いてくれば砂浜で水浴びをする姿に会えるだろうと暫く待ちましたが、当てが外れました。

仕方がないので、車で海岸線に降りれそうな場所を探しながらアジサシ類の姿を探します。
何箇所か移動しながら、ようやく小さな岩礁で群れる「エリグロアジサシ」を確認しました。
彼らを激しく興奮させない距離を保ちながらベストなアングルを模索します。


やがて、岩礁の端に居る3羽が目に止まりました。
ペアリングの最中でしょうか。岩礁に羽を休める1羽のエリグロに2羽のエリグロが盛んにアプローチしていました。
それにしても、南国の海にとても映える美しい姿の持ち主です。


「エリグロアジサシ」 夏鳥・L=30cm 準絶滅危惧(NT)
f0176070_2351598.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1250s F5.6 ISO400




**また、岩礁の下で羽を休める別の3羽のエリグロも印象的でした。たまには日差しを避けたいのでしょう。

f0176070_236991.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1250s F5.6 ISO400



**繁殖期の特徴なのでしょうか?少し胸の辺りが淡いピンク色に見えました。
f0176070_2371620.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズでご覧いただけます。]
[PR]
by N_BIRDER | 2012-07-24 22:01 | 海上・岸・干潟

「ウトウ」 vol.2

ミズナギドリの大群に圧倒されたのか、一度目よりもやや少なめだった「ウトウ」です。
彼らの繁殖地としては、その数、世界最大の天売島が有名ですが、この海域でも相当数観ることが出来ました。

嘴基部の白い突起部と髭の様な2本の飾り羽が印象的ですね。
泳ぐことが得意な彼らは、その分、翼が短めです。

「ウトウ」 留鳥 L=38cm
f0176070_22571098.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/640s F8 ISO400




f0176070_2258263.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/640s F8 ISO400


*これにて、ネイチャークルーズ編は終わりです。種類少なっ!
f0176070_23551079.jpg

『落石ネイチャークルーズ』
 ☜Click
[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-25 23:07 | 海上・岸・干潟

「エトピリカ」 vol.2

ミズナギドリの大群を尻目にいよいよ「エトピリカ」の海域に入ります。
天気はさらに良くなり、ほぼ快晴。058.gif

〝ユルリ島のテーブル型が判るように構図を決めて「エトピリカ」を撮りたい″と頭の中でイメージしていましたが、2度出てくれるものの、あまりいい位置関係ではありません。しかも、光線状態もイマイチ。
ちょっと難しいなぁーと思っていると、外洋側に「エトピリカ」発見!!029.gif


距離にして、20m強ぐらいでしょうか。あまり近すぎると俯瞰ショットになってしまうので、ちょうどいい距離感です。
漁船の一番海面に近い場所からしゃがみこんでアングルを整え水平線をキープします。
そして、「エトピリカ」の全身が波間から現れたときがシャッターチャンス。
写真1枚目はそんな感じで撮影しました。

2枚目は撮影中は後ろ向きかぁーと不満でしたが、繁殖期の証でもある長い飾り羽がなびいてお気に入りの1枚となりました。危うく画面から切れそうになりましたが、ぎりぎり残りました。(;^_^A

それにしても、ぽっちゃり体系で可愛らしい鳥ですね♪

「エトピリカ」 L=38cm 絶滅危惧IA類(CR)
f0176070_2150262.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/800s F8 ISO400




f0176070_215156.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3s+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1000s F8 ISO800




*「エトピリカ」と言えば、幅の広い大きなオレンジ色の嘴ですが、正面から見ると厚みがありません。
f0176070_2261124.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-21 00:00 | 海上・岸・干潟

「ハシボソミズナギドリ」

好天に恵まれた2回目の『落石ネイチャークルーズ』 ☜Click
f0176070_23551079.jpg




沖合いに出ると視線の先には圧巻の光景が広がっていました。
そこは、無数の「ミズナギドリ類」が浮かぶ海原です。〝カタクチイワシ″の群れに集まっているそうです。

撮影位置情報をUPしますが、ユルリ島沖に着くまでの間、「ミズナギドリ類」だらけです。
ここまで数が多いと、圧倒されてしまい撮影どころではありません。と言うか、どこに狙いを絞ればよいのか判らないと言ったほうが正しいでしょうか。
ずっと、進行方向右側の沖合い側に的を絞っていましたが、気が付く島側にも・・・えっ!?(;^_^A
これだけ覆い尽くされると「エトピリカ」「ケイマフリ」は姿を見せてくれるのか?

「ハシボソミズナギドリ」 L=42cm W=98cm
f0176070_23561712.jpg
f0176070_23563762.jpg

f0176070_2357119.jpg

f0176070_2357198.jpg

f0176070_2357394.jpg
f0176070_2358541.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S(D300)+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/160s-640s F8-10 ISO200-400


画像Clickで大きくなります
f0176070_062152.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-20 00:03 | 海上・岸・干潟

「ウトウ」 vol.1

クルーズに乗船して港を出ると、先ず出迎えてくれたのが「ウトウ」たちです。
他の鳥が「ユルリ・モユルリ島」の外洋側で見ることが多かったのに対し、一つ一つの群れはさほど大きくないものの、
陸地側の海域でもよく姿を現してくれたような印象です。夕方遅くなると集まって巣穴に戻っていくのでしょうか。

因みに、ガイドさん曰く、この鳥は決して水平線より上を飛ぶことはないとの事です。
確かに、常に海面すれすれを編隊を組んで飛んでいましたが、水平線を入れながら写真に納められるシーンが少なかったのが残念でした。

「ウトウ」 留鳥 L=38cm
f0176070_2243553.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1000s F8 ISO1000




f0176070_22435067.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/400s F8 ISO250




f0176070_22441028.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1600s F6.3 ISO800

[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-19 22:48 | 海上・岸・干潟

「ケイマフリ」

〝赤い足″と勾玉状の〝白いアイリング″が特徴的な「ケイマフリ」です。
ベーリング海や北太平洋を中心に広範囲に生息する「エトピリカ」と比べると、その生息域はカムチャッカ半島からオホーツク海、日本海と限られており、世界的希少種です。

1枚目は、正直なところ「エトピリカ」ばかり追いかけていると向こうからファインダー内に入ってきました。
すっかり忘れていました。(;^_^

2,3枚目は、一羽の飛び出しを追いかけてカメラを振っていると、後ろからもう一羽が合流。
そのまま連なって旋回しながら目の前を横切ってくれました。
夏羽はお腹が真っ黒のイメージしかありませんでしたが、この斑模様は若い個体のようです。

「ケイマフリ」 留鳥・L=38cm 絶滅危惧Ⅱ類(VU)
f0176070_1151025.jpg
 
[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1600s F8 ISO1000*トリミング




第1回夏羽
f0176070_115489.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/800s F8 ISO800*トリミング




f0176070_134873.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1600s F8 ISO800

[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-17 23:55 | 海上・岸・干潟

「エトピリカ」 vol.1

現在、この海域に生息している「エトピリカ」の個体数は30羽程度とされ、毎年10番い前後が、
「ユルリ・モユルリ島」で繁殖しているそうです。

クルーズに乗船してユルリ島の近くに入ると直ぐにその特徴的な姿が視界に飛び込んできました。
その距離50m前後でしょうか。
その名の由来となったオレンジ色の美しい大きな嘴に、長い飾り羽が印象的です。
もともと、人と接する機会が少ないからか?のんびり海上でくつろぐ姿を存分に楽しませてもらいました。


写真の個体は海に浮かぶ枯れ草を咥えています。向こうに見えるのは、ユルリ島の断崖絶壁です。
比較的長い助走で海面を蹴りながらテイクオフ!!風の力も手伝って水しぶきが空高く舞い上がりました。
もしかしたら、この後、巣に持ち帰り、大切な卵の周りに敷き詰めているのかも知れませんね。

「エトピリカ」 留鳥・L=38cm 絶滅危惧IA類(CR)
f0176070_2256157.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1250s F8 ISO1000




f0176070_22562197.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1250s F8 ISO1000*トリミング



f0176070_22564612.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1600s F8 ISO1000

[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-14 23:02 | 海上・岸・干潟

「クロアシアホウドリ」

海上での最後の撮影となったのが、この「クロアシアホウドリ」です。
時間を見ると16時40分過ぎです。遠くに見える陸地は房総半島です。
また、航海中一度、かなり近くを通過していきましたが、ひと目でビシビシ伝わってくる圧倒的な存在感ですね。
因みに、今回、初見と思いましたが、学生時代に使っていたフィールドガイドを見るとチェックが入っていますので何処かで見ていたのでしょうね。(;^_^A

調べてみると、世界的にこの仲間は南半球に生息する種(10種)が多く、北半球の島々で繁殖するのは、この「クロアシアホウドリ」の他、「アホウドリ」「コアホウドリ」の3種のみのようです。
典型的な外洋性の大型種ですからもともと人に会う機会がないのは当たり前。なんとも名前の由来が切ないような気がしてなりません。

「クロアシアホウドリ」 L=71cm W=203cm
f0176070_0111748.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1/1250s F9 ISO640 *トリミング


●鳥種別の更新はこれで最後になります。後、一度、まとめの更新をする予定です。
[PR]
by N_BIRDER | 2011-06-13 00:17 | 海上・岸・干潟
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30