N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

「エトピリカ」 vol.2

ミズナギドリの大群を尻目にいよいよ「エトピリカ」の海域に入ります。
天気はさらに良くなり、ほぼ快晴。058.gif

〝ユルリ島のテーブル型が判るように構図を決めて「エトピリカ」を撮りたい″と頭の中でイメージしていましたが、2度出てくれるものの、あまりいい位置関係ではありません。しかも、光線状態もイマイチ。
ちょっと難しいなぁーと思っていると、外洋側に「エトピリカ」発見!!029.gif


距離にして、20m強ぐらいでしょうか。あまり近すぎると俯瞰ショットになってしまうので、ちょうどいい距離感です。
漁船の一番海面に近い場所からしゃがみこんでアングルを整え水平線をキープします。
そして、「エトピリカ」の全身が波間から現れたときがシャッターチャンス。
写真1枚目はそんな感じで撮影しました。

2枚目は撮影中は後ろ向きかぁーと不満でしたが、繁殖期の証でもある長い飾り羽がなびいてお気に入りの1枚となりました。危うく画面から切れそうになりましたが、ぎりぎり残りました。(;^_^A

それにしても、ぽっちゃり体系で可愛らしい鳥ですね♪

「エトピリカ」 L=38cm 絶滅危惧IA類(CR)
f0176070_2150262.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD300+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/800s F8 ISO400




f0176070_215156.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]
NikonD3s+NIKKOR AF-S300mmF2.8G ED VR +TC17EⅡ
1/1000s F8 ISO800




*「エトピリカ」と言えば、幅の広い大きなオレンジ色の嘴ですが、正面から見ると厚みがありません。
f0176070_2261124.jpg

[PR]
by N_BIRDER | 2011-07-21 00:00 | 海上・岸・干潟
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31