N_BIRDERの野鳥blog -麻布大学野鳥研究部OB-

nbirder.exblog.jp ブログトップ

「カツオドリ」

漁船からの『海鳥』ウォッチングで、もっとも撮影するチャンスを与えてくれたのが、この「カツオドリ」ペアです。

今回目指した岩礁で繁殖するのか定かではありませんが、拠点の一つになっている事は間違いないようです。

♂♀2羽が何度も漁船の周りを旋回してくれました♪
さすが、飛翔能力に長けた外洋性の大型種です。滑空するスタイルは見ごたえ十分!
また、時折、比較的高い上空から体勢を反転させて海中へ急降下する姿は迫力満点!

僕は、やっぱり羽をたたんで急降下するシーンや、背景に岩礁や海面、遠景を取り入れながら、横から正面から色々な角度で飛形にも拘って撮りたい!と言うのが本音ですが、これは、まあ、無理です!!お手上げ。( ̄  ̄)/

「カツオドリ」 留鳥/漂鳥 L=73cm W=145cm
f0176070_22504825.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]


f0176070_22512994.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]


水しぶきだけ上がってました・・・(;^_^A
f0176070_22515417.jpg



018.gif
一番大きな岩礁の中央付近が彼らが羽を休めるポイントのようです。
決して人の近づく事の出来ない断崖絶壁です。

ただ、悲しいことに左側の♀は羽に魚網(釣り糸)が引っかかっていました。
見た目、♂とともに行動し、普通に飛べていたのが救いですが・・・。

「カツオドリ」 左♀/右♂ 留鳥/漂鳥 L=73cm W=145cm
f0176070_22532395.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]


f0176070_22534595.jpg

[画像クリック頂くと、少し大きなサイズ&若干シャープな画像でご覧いただけます。]


002.gif
実は、彼らが拠点にするこの岩礁。周辺に大小幾つかかたまっているのですが、その一部では釣り人が上陸していました。ここは「カンムリウミスズメ」の繁殖地にもなっていますし、意外な光景でした。
『こんなとこまで来て釣りなんかするな~!』と言うのが本音です。

勿論、上陸自体認められているようですし、釣り行為を否定することは出来ません。
また、なにより、釣り人の受け入れは間違いなく三宅島経済の重要な柱の一つでしょう。

でも、希少な繁殖地なのですから、その影響を最小限に食い止めるような規制は必要だと思います。

撮影データ:NikonD3S+NIKKOR AF-S600mmF4G ED VR
1枚目・・・1/2000s f5.6 ISO640
2枚目・・・1/1250s f6.3 ISO800
3枚目・・・1/1000s f6.3 ISO800
4枚目・・・1/640s f5.6 ISO1000 *トリミング
5枚目・・・1/640s f5.6 ISO1000

[PR]
by N_BIRDER | 2011-06-09 23:34 | 海上・岸・干潟
line

■1992-95在籍「K.N」です。卒業後、暫く距離を置きましたが、数年前に再開しました。この世界は素晴らしい!■首都圏甲信越中心にマイペースで楽しんでいます。■掲載写真は注釈なき場合はノートリミングです。


by N_BIRDER
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31